イベント情報

予定されているイベント

関西における都市公園の成り立ちと今後の展開

都市公園制度制定150周年記念フォーラム in Kansai

本年は、明治6(1873)年1月15日の太政官布達第16号から150年となる節目の年です。この太政官布達により公園制度が設けられ、わが国の都市公園制度の基礎が築かれたとされています。
関西においても、円山公園(京都市)、住吉公園(大阪府)など幾多の太政官布達公園があり、現在でもわが国を代表する都市公園として内外からも多くの利用があります。これらの公園の設置経緯やこれまでのあり方を振り返るとともに、将来に向けての都市公園のあり方を議論する絶好の機会として、都市公園制度制定150周年記念フォーラムを開催します。
広く公園緑地の意義や必要性を再認識するとともに、今後の公園緑地のあり方等について発信していきます。

■開催概要■

【日  時】 令和5年8月18日(金)13:00〜17:00(12:30〜受付)
【開催方法】 会場+オンライン(ハイブリッド方式)
【会  場】 花博記念公園鶴見緑地・花博記念ホール
【参加費・定員】 無料
_饐貭螳:200名
▲ンライン(zoom):200名(視聴方法は後日お知らせ)
 ※いずれも事前申込制・先着順
【造園CPD認定プログラム】申請中

申込締切:令和5年8月7日(月)

詳しくはこちら
》◎ご案内(PDFダウンロード) 20230818.pdf(46)

終了したイベント

2023年6月28日(水) 2025大阪・関西万博 講演会

詳しくはこちら

令和5年度総会時記念講演会「人・時・空を繋ぐコュニテイデザインの力」のご案内

大阪府は1160haの竹林に、人口16万人の千里ニュータウン(NT)を造った(1958年〜1970年)。建築・土木・造園の総力を結集し、若き日の片寄俊秀が担当し、整備がもたらす自然破壊、雨水・ゴミなどをNT外に排出する未来都市像に疑問を抱き、地域活性化・商店街の再生・街並み保全などを担う学者に舵を切った。まちづくり道場(学芸出版社)が詳しい。
中瀬勲の講演を聞くと、わが国のNTの整備技術は素晴らしいが、住み方は誰も教えないと論じ、耳に残った。仏を作って魂入れずとはこのことだ。お二人の共通するところは「コミュニティ」だ。
それから10年位経った頃だろうか。閉校寸前の島根県立隠岐島前高校の復活を一人の若者に託された。島民全員の聞き取り調査、島留学などを実践発案、島前高校を進学校に改善、本州から高校生を呼ぼうと呼びかけた。高校の近隣民家に東京より招いた塾の先生が指導する寺子屋下宿を開くと島留学が活気づき、生徒数が増え、進学率も高まり、煽られてコミュニティが活気づいたのである。東京から島前高校に来て鳥取環境大学に来た学生がいた。
ほのぼのとした話ではないか、この仕掛人が山崎亮だ。今日、国は新しい資本主義というが、それは力あるものが主役となる格差分断社会の極みで、それよりも「地域の宝を掘り起こし、人の絆を繋ぎ、楽しい時を育む」ことが肝要だ。コミュニティデザインが醸成する。
今回は、これからのまちづくりを担っていく学生や若手技術者に、ぜひとも参加し学んでほしいと企画したものです。意欲ある方の参加をお待ちしています。山崎亮の話を聞きに行こう。

■開催日時
令和5年6月9日(金)15時〜17時
■開催場所
大阪歴史博物館 講堂
大阪市中央区大手前4-1-32
■主催
NPO法人国際造園研究センター
■参加費・資料代
学生1000円
会員1000円(NPO国造研及びCLA関西)
一般3000円

>>◎ご案内(PDFダウンロード) 20230609.pdf(118)

国際造園研究センター講演会及び意見交換会のご案内

 北米在住の小林醗貉瓩呂海譴泙妊▲瓮螢、日本、中国等で活躍されたランドスケープアーキテクトです。日本庭園研究者でもある氏が訪日された機会に、国際造園研究センター主催の講演会、および意見交換会を開催します。皆様方のご参加をお待ちしています。

■開催日時
令和5年5月22日(月) 15時〜17時15分(受付14時30分から)
■開催場所
谷町センタービル1F会議室 大阪市中央区谷町2丁目4-5 
■主催
NPO法人国際造園研究センター
■参加費・資料代
会員1000円 非会員2000円

■進行予定  
(1) 基調講演 小林醗貉瓠45分「日本庭園の危機か衰退か:日本と海外からの視点」
---------質疑応答と休憩(15分)--------------
(2)意見交換(以下の方々からの意見表明を予定) 45分 
・作庭者から見た日本庭園 田中明男氏(国際造園研究センター副理事長)現代の名工 
・文化財から見た日本庭園 吉村龍二氏(庭園文化塾講師、環境事業計画研究所)
・行政から見た日本庭園 奥田篤氏(奈良県奈良公園事務所整備課長)
(3)会場参加者も含め討議 30分

>>◎ご案内(PDFダウンロード) 20230522.pdf(87)

2022年度第2回国際造園研究センター文化講演会

詳しくはこちら

2022年度国際造園研究センター文化講演会のお知らせ

新しい造園の胎動を聞く 『文化的景観と名勝保全 ー 新規ランドスケープ事業の展望』

■開催趣旨
今日、造園界を俯瞰すると、世界遺産・登録記念物(名勝地)など、歴史的・文化的景観や遺跡等をめぐる新たなランドスケープ事業の広がりが注目されている。このような趨勢に鑑み、わが国の第一人者をお招きし、新規領域を学び、後に続く人への羅針盤の提供を目的とする。

■会場
大阪ドーンセンター セミナー室(定員 50 名)
大阪市中央区大手前1丁目3−49
(地下鉄谷町線天満橋駅、京阪電車天満橋駅下車)

■講演

----------------------------------------------------------------------

講演1 「文化財/文化遺産/文化的資産としての風景/景観」

平澤 毅(文化庁文化財第二課主任文化財調査官)
文化庁文化財第二課主任文化財調査官
1967年生まれ。東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。博士(農学)。
論文に「百年の名勝」(2021、『日本歴史』876・吉川弘文館)、『名勝地保護施策に関する研究』(2017、東京大学学術機関リポジトリ)などがある。

◎ 講演1の概要
21世紀を迎えて早20年余り、この間、文化財や文化遺産、あるいは景観や地域に関する動向は活発に進展し、いろいろな主体がさまざまな取組によって主導権を発揮しようとして、乱立の様相すら呈しています。加えて、それぞれの取組も複雑に発展し、今日、もはやそうしたことの全容を把握するのも相当にたいへんなことと言わざるを得ません。一方、出発点が異なるこれらの取組は、まるで収斂進化のように、持続可能性の追求の下、多様性や一体性、さまざまな対象の密接な関係、地域社会の重要性など、同様の方向性を掲げるようになっています。
私は、これまでの経歴から遺跡の計測や整備、庭園の調査や研究、名勝地の保護のほか、世界文化遺産や文化的景観、文化財保護制度などに取り組んできましたが、この10年余りは、特に名勝地のことを中心に検討や実践を重ねてきました。折しも、日本において、名勝地を含む記念物の制度は、2019年で100年を迎えました。そうしたことなども振り返りながら、この度は、今日の状況を俯瞰しつつ、風景や景観ということの発想などについて改めてお話しできればと考えます。

----------------------------------------------------------------------

講演2  「ブータン密教・ボン教の遺産と景観」

浅川 滋男(公立鳥取環境大学教授)

公立鳥取環境大学環境学部教授
専門は民族建築/建築考古学、住環境保全論、居場所論。木造建築士、工学博士(京都大学)。
1979年、京都大学工学部建築第2学科卒業。中国留学(北京語言学院・同済大学)、奈良国立文化財研究所、京都大学大学院人間・環境学研究科(併任)を経て、2001年、鳥取環境大学環境学部教授。著書に『住まいの民族建築学』(建築資料研究社1991)、『建築考古学の実証と復元研究』(同成社2013)、『チベット仏教求法僧 能海寛と宇内一統宗教」(編著・同成社2021)、『ブータンの風に吹かれて』(編著・公立鳥取環境大学2022)などがある。

◎ 講演2の概要
ヒマラヤ山麓の小国、ブータンは大乗仏教を国教とする唯一の国である。太古のヒマラヤ周辺には自然崇拝に重きをおくボン教が広範囲に浸透していた。7世紀、吐蕃を率いるソンツェンガンポ王が勢力を増し、チベットで最初の統一王朝が生まれた。ネパールから王に嫁いだチツン妃、唐から王子に嫁いだ文成公主妃はいずれも仏教を篤く信仰しており、この地に大寺を創建する。ソンツェンガンポもこれに倣い、ボン教の魔女を浄化するため12の仏教寺院を開山した。ブータンのキチュラカンとジャンバラカンも王の開山と伝承される古刹である。
8世紀になると、北インドの僧、パドマサンバヴァが後期密教をこの地に伝え、ブータン仏教が胎動し始める。高山の崖で長期の瞑想をする密教的修行に特徴があり、ボン教と後期密教の融合したニンマ派(古派)の台頭である。創始者のパドマサンバヴァは、グルリンポチェ(蓮華生大師)としてチベットとブータンで今も崇拝されている。11世紀以降、チベット仏教の諸派がブータンに南下し布教を競う。中世以降、各地の宗派は群雄割拠の様相を呈していた。
17世紀にこれを統一したのが、ドゥク派の領袖(シャブドゥン)、ガワン・ナムゲルである。チベットでの権力闘争に敗れブータンに逃げ落ちてきたナムゲルは、勢力を拡大していたドゥク派と合流して諸国を統一し、ブータンに初めて国家を建国する。その国名はドゥク・ユル、すなわち「ドゥク派の人々」である。今回の講演では、ブータン仏教の歴史をたどりながら、ボン教・ニンマ派・ドゥク派の代表的遺産とともに、「仏国土」というべきブータンの景観を紹介する。

----------------------------------------------------------------------

■申し込み
12月5日(月) 締切 (但し先着順となりますので、早めにお申し込みください)
国際造園研究センター
FAX 06-6948-5282
mail: kslsrs02@gmail.com

■問い合わせ
080-4269-2813
FAX 0742-42-6811
mail: nakafumi2674@gmail.com 担当中橋まで

■参加費
主催・共催団体会員1000円
非会員1500円

>>◎ご案内(PDFダウンロード) 20221210.pdf(117)

2022年11月20日(日) ランドスケープ施設見学会「和歌山の隠れ名庭園を巡る」

詳しくはこちら

2022年7月23日(土) 関西みどり探訪「服部緑地と周辺のみどりを訪ねて」

詳しくはこちら

2020年12月5日(土) 令和2年度奈良の庭園見学会

詳しくはこちら

2020年12月8日(火) 森下元之氏講演会と年末交流会

詳しくはこちら

2020年12月12日(土) 令和2年度冬の庭園見学会

詳しくはこちら

2020年10月24日(土) 令和2年度ランドスケープ施設見学会「〜淀川右岸の古代歴史公園の整備と運営事例を学ぶ〜」

詳しくはこちら

2020年2月8日(土) 槇文彦のランドスケープが招くアナザーユートピア

詳しくはこちら

2020年3月14日(土) 令和元年度・春の庭園見学会

詳しくはこちら

2019年12月12日(木) 吉田昌弘氏・喜寿記念講演会

詳しくはこちら

2019年11月20日(水) 第4回関西みどり探訪「服部緑地と周辺のみどりを訪ねて」

詳しくはこちら

2019年6月15日(土) 進士五十八の「公園革命」講演会

詳しくはこちら

2019年6月11日(火) 国土交通省・五十嵐康之氏特別講演会「グリーンインフラの新たな潮流と公園緑地」

ご案内(PDFダウンロード) 20190611.pdf(1281)

2019年4月16日(火) 平成31年度春の庭園見学会

詳しくはこちら

2018年11月8日(金) ランドスケープから“2025大阪・関西万博”への提案

詳しくはこちら

2018年11月17日(日) 平成30年度秋の庭園見学会

詳しくはこちら

2018年11月25日(日) 平成30年度第2回関西みどり探訪

詳しくはこちら

2018年7月26日(木) 2025年の大阪万博に関する勉強会

詳しくはこちら

2018年6月9日(土) 平成30年度初夏の庭園見学会

詳しくはこちら

2018年5月20日(日)  平成30年度第1回関西みどり探訪

詳しくはこちら

2018年3月11日(日)平成29年度春の庭園見学会

詳しくはこちら

2017年12月15日(金)平成29年度講演会(研修会)

詳しくはこちら

2017年6月24日(土)平成29年度初夏の庭園見学会

詳しくはこちら

2017年3月11日(土)平成29年度早春の庭園見学会

詳しくはこちら

2016年12月15日(木)平成28年度研修会「浜寺公園の松林の未来」

詳しくはこちら

2016年12月10日(土)平成28年度初冬の庭園見学会

詳しくはこちら

2016年12月9日(金)荻巣樹徳氏『植物と出会いの哲学』を語る会

詳しくはこちら

2016年6月15日(水)荻巣樹徳『藤』を語る会

詳しくはこちら

2016年4月23日(土)尼崎21世紀の森、尼崎スポーツの森等、合同研修会(研修部会)

詳しくはこちら

2015年12月25日(金)「わが国造園技術者の先駆け、長岡安平の功績」講師:浦崎真一

詳しくはこちら

2015年9月27日(日)第32回全国都市緑化あいちフェア会場(愛・地球博記念公園)&木曽三川公園 水と緑の館探訪

詳しくはこちら

2015年5月4日(月)淡路花博記念イベント視察のご案内

詳しくはこちら

2015年4月10日(金)中橋文夫氏「わらじで舞踏会」出版記念会

詳しくはこちら

2015年3月21日(土)第2回庭園見学会:渉成園と東山区東福寺の本坊

詳しくはこちら

2014年12月13日(土)秋の庭園見学会:晩秋の候、桃山時代の名園を訪ねる

詳しくはこちら

2014年11月29日(土)堺市南宗寺、妙国寺等、合同研修会(研修部会)

詳しくはこちら

平成26年10月18日(土)前中久行先生と歩く浜寺公園松林散歩(緑化部会)

詳しくはこちら

平成26年2月21日(金)大徳寺の名庭、3庭園を観る

詳しくはこちら

平成25年1月23日(木)造園と植物のより良い関係2−浜寺公園・ばら庭園の整備と管理−

詳しくはこちら

平成25年11月10日(日)秋の庭園見学(山口県下の庭園)のお知らせ

詳しくはこちら
見学会の報告(吉田 昌弘)

平成25年年10月12日(土)・13日(日)「大阪都市緑化フェア 2013」開催のお知らせ

詳しくはこちら

平成25年11月2日(土)山陰海岸ジオパークのマネジメント〜海と山の景勝地を結ぶ〜

詳しくはこちら

平成25年11月2日(土)造園修景4団体共催 見学研修会のご案内

詳しくはこちら