平成30年度第2回関西みどり探訪

久宝寺緑地と中世都市・寺内町

先の台風21号には半世紀ぶりの猛威に、この久宝寺緑地も大打撃を受けました。
今回は終戦間近に都市計画決定された四大緑地の一つ久宝寺とその周辺の中世都市に触れてみたいと思います。
前回予定していた「大和三輪山の「磐座」を訪ねる」は現在時期の検討中です。

■日時
平成30年11月25日(日) 13:00〜16:00

■集合場所
JR大和路線久宝寺駅 2階改札口前 13:00              

■見学先
ゝ彿寺緑地
大阪府4大緑地の一つ。その施設紹介とここ数年毎月第4日曜日マルシェで賑わう園内広場を見学。
顕証寺
15世紀に本願寺蓮如上人により建立。寺内町の中核的寺院で、今もその歴史を伝え、指定文化財の建物もある。
5彿寺寺内町
室町時代後期から顕証寺を中核とする街の遺構を遺し、一部土居(土塁)壕(堀)と碁盤の目状の道路網などの町割りが残る。

※探訪の終了後、がんこ平野屋敷で懇親会を持ちますので、希望者は申し込み時に連絡ください。

■参加費
1000円(国際造園研究センター会員以外は2000円)

■申込み
平成30年11月20日(火)まで
定員20名(定員になり次第、受付終了とさせていただきます。)
※申込みは国際造園研究センター繁村まで、メールまたはFAXでお願いいたします。
TEL 06-6944-2040  FAX 06-6948-5282
メール kslsrs02@gmail.com

◎ご案内と申込用紙(PDFダウンロード) midori_2_1125.pdf(179)