トップページ

最新情報


都市公園制度制定150周年記念フォーラム in Kansai 「関西における都市公園の成り立ちと今後の展開

本年は、明治6(1873)年1月15日の太政官布達第16号から150年となる節目の年です。この太政官布達により公園制度が設けられ、わが国の都市公園制度の基礎が築かれたとされています。
関西においても、円山公園(京都市)、住吉公園(大阪府)など幾多の太政官布達公園があり、現在でもわが国を代表する都市公園として内外からも多くの利用があります。これらの公園の設置経緯やこれまでのあり方を振り返るとともに、将来に向けての都市公園のあり方を議論する絶好の機会として、都市公園制度制定150周年記念フォーラムを開催します。
広く公園緑地の意義や必要性を再認識するとともに、今後の公園緑地のあり方等について発信していきます。

■開催概要■

【日  時】 令和5年8月18日(金)13:00〜17:00(12:30〜受付)
【開催方法】 会場+オンライン(ハイブリッド方式)
【会  場】 花博記念公園鶴見緑地・花博記念ホール
【参加費・定員】 無料
_饐貭螳:200名
▲ンライン(zoom):200名(視聴方法は後日お知らせ)
 ※いずれも事前申込制・先着順
【造園CPD認定プログラム】申請中

申込締切:令和5年8月7日(月)

詳しくはこちら
》◎ご案内(PDFダウンロード) 20230818.pdf(94)


9月二水サロンのお知らせ

■テーマ
荒木造園設計のガーデンマネジメントとブランディング化

■話題提供者
槇村吉高
株式会社荒木造園設計 取締役部長

先代・荒木芳邦の死後、荒木の伝統を継承しつつ新たなスタイルへの模索がこの先、荒木造園設計が生き残っていくための課題であり、必須でもあった。数十年来お世話になっている屋久島に何か恩返しをという現社長・荒木美眞の想いと先代亡き後の荒木造園設計のブランディングを確立するために、屋久島をテーマとした新事業を立ち上げることとなる。新しい事業『GULIGULI』を立ち上げるまでの経緯、マネジメント、荒木芳邦が残した庭を新たなスタイル「屋久島風・GULIGULI 庭園」に改修するまでのお話や庭の改修工事の写真等、スライドを通して僭越ながら皆さまにご紹介させていただきます。
微力ながらこの事業は地域のみどりの普及に貢献できるよう大阪府のみどりの推進に賛同し、緑化推進事業に参加させていただき、2014 年にはみどりの風、促進区域サポーターに認定して頂きました。
GULIGULI が発足して以来 10 年が経過しましたが 10 年目でわかったこと、気付いたことなどもお話しできればと思っております。諸先輩方から GULIGULI の新しい展開のヒントなどもご教授いただけると幸いです。多くの皆様と座談できることを楽しみにしております。

【日時】令和5年9月13日(水) 18時〜19時半、終了後食事会を予定
【費用】500 円(先着10名)
【場所】NPO法人国際造園研究センター 06-6944-2040
(大阪市中央区大手通1-4-2 ワイズ谷町ビル202号)

>>詳細はこちらのページ


2023年度庭園文化塾のお知らせ

当センターでは平成27年度から、庭園及び日本の風土・文化に根ざした造園技術を継承し、これを次世代に伝えていくため、若手技術者を主な対象とした庭園文化塾を開講し、各方面から好評を得てきました。
今年度におきましても、日本の造園技術・文化の啓発者ともなる自立した造園技術者の育成を目的に、庭園文化塾を開講いたします。

今年度においても、座学・現地見学を含めた土曜日8日間の講座計画にて、普段業務に忙しく、自己研鑽の時間がとりにくい若手技術者の方々が多く参加出来る取り組みをおこなっております。
庭園関係の技術者のみならず、建設コンサルタント、行政その他幅広い分野で活躍している方々の受講を期待しています。

>>詳細はこちらのページ


「庭園見学ノート」を発刊しました。

 平成15年、センター設立当時から庭園部会で進めていました好評の庭園見学会で見学したうち、39箇所の庭園の見学ノートが完成しました。

 庭園見学会に参加された方はご存知と思いますが、NPO国際造園研究センターゆえの清水前理事長および京都育ちの吉田庭園部会長ならではの企画で、当日飛込みでは決して参観できない箇所もあり、また、講師のきめ細かい思いがけない解説だけでなく、庭園を管理されておられる部所の担当の方の専門的な観点からの説明など、施設のいわれや管理のご苦労など普段では聞けないことなど案内していただく機会にも恵まれました。部会の主旨からもこの見学は会員だけでなく一般の方の参加がたぶんに見られ、そのときの感触を各担当で書き上げました。