トップページ

最新情報

◎重要なお知らせ(2021/4/16)
庭園文化塾4月の講義ほか各サロンなどの活動は5月5日以降に延期します。
新コロナおよび変異株対応で大変ですが、皆様のご健康を切に願います。

--------------------------------------------------

◎二木サロン休会のお知らせ
今月4月8日(木)の二木サロンは休会します。新型コロナ、変異株の猛威も日々感じられる中、今月のサロンは休会となります。来月5月のサロンの計画はまたこの欄でお知らせします。皆様、仕事はもちろん日々の生活で感染対策をしながら、無理せず体調管理に気をつけて健康にご留意ください。

--------------------------------------------------

◎第6期庭園文化塾休講のお知らせ
国際造園研究センターとしましては今回の緊急事態宣言を受けまして以下の通り行います。
庭園文化塾令和3年1月22日の第6回と2月5日の第7回の座学を休講します。再開催の時期は宣言解除の2月8日以降またセンターのホームページでお知らせします。
皆さま、このコロナの災禍が収まるように、くれぐれもお体に気をつけてくださるようお願いします。

--------------------------------------------------

◎講演会などの延期のお知らせ
11月にお知らせしました以下2件
12月8日の講演会 森下元之氏「(仮題)関西修景自由作家連合の活動の歴史とランドスケープ業界の思い」
12月12日の庭園見学会「晩秋・冬の江戸の武家の回遊式庭園・岡山後楽園と高松栗林公園を観る」
は開催の延期(時期未定)をお知らせいたします。
当企画、参加希望をいただいていた方もおられましたが手薄な事務局体制によりご迷惑をおかけしたことをここにお詫びいたし、ぜひ当企画の開催を期して取り組むよう機を見て対応するよう努力いたします。

--------------------------------------------------

3月の二木サロン開催のお知らせ

2021年3月11日(木) 久々の二木サロンのお知らせです。
2月28日関西二府一県の新型コロナの非常事態宣言が解除されましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

今回の話題提供者はセンター理事の中橋文夫さんです。この3月に公立鳥取環境大学を退官され関西奈良に帰ってこられます。テーマは「因幡の大地に見る光と影」です。鳥取での生活は12年に及び、因幡の大地の「光と影」を80枚程度のスライドにまとめ、ビジュアルにお話が出来ます。
非常事態宣言解除とはいえ、また夏には第四波到来にならぬよう気を緩めずなまサロンの魅力捨てがたいですが、リモサロンの体勢も検討してみようかと思います。今回も参加を考えておられる方は事前に連絡いただきたくお願いします。
日時 令和3年3月11日(木) 18:00~20:00
会場 NPO 国際造園研究センター 事務室

詳しくはこちら

2020年度庭園文化塾

令和2年度 庭園文化塾事務局から日程変更調整のお知らせ

第1回第2回文化塾は9月4日、9月11日開催出来ました。
第3回第4回「日本庭園等の特性と空間構成技法亀擇啅間特性」は前回ご報告に加え、10月2日(金) 10月16日(同金)に変更開催します。
時間は午後7時30分 センターの会議室で行います。
また第1回の現地見学(南禅院、金地院、無鄰庵)「中世・近世・近代の池泉及び枯山水」は予定通り9月19日(土)に行います。
今後の変更情報はHPを確認の上ご出席ください。
--------------------------------------------------

当センターでは、庭園を守る造園技術者の育成を目指して若手技術者を対象とした本庭園文化塾を開講し、技術の普及向上にも努めてきました。本年度も庭園文化塾を実施します。

>>詳細はこちらのページ

>>ご案内と申込用紙(PDFダウンロード:※開催日時はウェブサイトの最新情報をご確認ください。)
日程変更版→ R02teien_0914.pdf(178)
R02teien.pdf(283)

講義内容

講師 テーマ 概要
1 2020
9/4(金)
田中
吉田
開講式
日本庭園の歴史と様式
「ニワ」「庭園」の発祥
池泉庭園と枯山水について
2 9/11(金) 吉田 日本庭園の歴史と様式 露地及び回遊式庭園の発祥とその後の展開
築山泉水庭及び、平庭、坪庭
3 10/2(金) 吉田 日本庭園等の特性と空間構成技法機ゞ間特性 自然と庭園(「作庭記」を踏まえて)
「間」「きめの細やかさ」等の「和」の考え方と庭園
4 10/16(金) 吉田 日本庭園等の特性と空間構成技法供ゞ間構成技法 「見え隠れ」「折れ曲り」等の技法
「天地人」「結界」等の具体的な技法
5 11/6(金) 奥田 文化財庭園の保存と修復 名勝庭園の事例を踏まえて
名勝の意義と具体的な技法について
6 2020
1/22(金)
田中
吉田
石組、石積等について 石材及び石積、石組の具体的な技法について
7 2/5(金) 北田 植栽と樹木管理 配植の技法と剪定技術の基本
8 3/5(金) 田中
吉田
現代の庭園
修了式
昭和から平成に至る現代の庭園と今後

現地見学

担当 テーマ 概要
1 2020
9/19(土)
吉田 各様式の庭園見学 南禅院、金地院、無鄰庵
中世・近世・近代の池泉及び枯山水
2 10/17(土) 吉田 各様式の庭園見学 渉成園、東福寺本坊
近世・現代の回遊式及び枯山水
3 11/21(土) 吉田 詳細デザインについての見学及び植物管理 大河内山荘、天龍寺
4 2021
2/20(土)
田中
吉田
露地の特性と特別名勝にふさわしい
空間構成等についての見学
銀閣寺、叶匠寿庵(京都)、二条城

「庭園見学ノート」を発刊しました。

 平成15年、センター設立当時から庭園部会で進めていました好評の庭園見学会で見学したうち、39箇所の庭園の見学ノートが完成しました。

 庭園見学会に参加された方はご存知と思いますが、NPO国際造園研究センターゆえの清水前理事長および京都育ちの吉田庭園部会長ならではの企画で、当日飛込みでは決して参観できない箇所もあり、また、講師のきめ細かい思いがけない解説だけでなく、庭園を管理されておられる部所の担当の方の専門的な観点からの説明など、施設のいわれや管理のご苦労など普段では聞けないことなど案内していただく機会にも恵まれました。部会の主旨からもこの見学は会員だけでなく一般の方の参加がたぶんに見られ、そのときの感触を各担当で書き上げました。