2020年度庭園文化塾

お知らせ

令和2年度 庭園文化塾事務局から日程変更調整のお知らせ
第1回第2回文化塾は9月4日、9月11日開催出来ました。
第3回第4回「日本庭園等の特性と空間構成技法亀擇啅間特性」は前回ご報告に加え、10月2日(金) 10月16日(同金)に変更開催します。
時間は午後7時30分 センターの会議室で行います。
また第1回の現地見学(南禅院、金地院、無鄰庵)「中世・近世・近代の池泉及び枯山水」は予定通り9月19日(土)に行います。
今後の変更情報はHPを確認の上ご出席ください。

--------------------------------------------------

 特定非営利活動法人国際造園研究センターでは、平成14年6月の設立以来、年に数回、京都を中心にしつつ、北は福井県から西は山口県まで広く西日本の名園を対象に庭園見学会を開催しております。この間、多くの参加者に、日本庭園の様式と美、それを培ってきた伝統技術などを解説し、庭園の素晴らしさを堪能していただいたと自負しております。

 近年の社会経済の情勢は、日本庭園をはじめとする造園活動の場を狭め、都市公園等の公共造園などへの関与もますます厳しさを増しており、造園業界の行く末はきわめて不透明となっています。 この影響で、特に次世代を担う若手技術者の活躍の場や庭園技術等を磨く機会も減少しています。 しかし一方では海外においては日本庭園に対する評価の向上や、既に整備された日本庭園の再整備を望む声が高まってきています。
 こうした状況を踏え当センターは、平成27年度からこの問題に積極的に対処すべく、庭園及日本の風土・文化に根ざした造園技術を継承し、これを今後に伝えていくため、若手技術者を対象とした庭園文化塾を開講し、各位から好評を得ているところであり、本年度も本庭園文化塾を実施します。

 この庭園文化塾は官民を問わず、基本的に造園界の若手を対象に、連続する1年間の講座で頭と心と技を磨き、風土と文化に根ざした日本の造園技術・文化の啓発者として、自立した技術者の育成を目指します。このため、庭園関係技術者のみならず、行政、コンサルタントの他幅広い関係者の受講を期待しています。加えて、これまで当センターの庭園関係事業に参加してくださった市民会員の皆様、またこの機会に日本庭園等の伝統技術の粋を学びたいとお考えの一般の皆様にも、特別に参加いただける枠も用意しました。

2020年度 庭園文化塾 要項

主催団体

特定非営利活動法人 国際造園研究センター

後援団体

  • 阪神造園建設業協同組合
  • (一社)日本造園組合連合大阪府支部(調整中)
  • (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会 関西支部
  • (一社)フラワーソサイエティ

実施期間

2020年8月 〜 2021年3月

講義内容

日本庭園等の歴史及び空間構成等について 下記参照(座学8回・現地見学4回)

講師

NPO 国際造園研究センター理事 他外部講師

開催場所

NPO 国際造園研究センター事務所内 会議室
〒540-0021 大阪市中央区大手通1-4-2 Y'S谷町(ワイズたにまち)202号

受講人数

10名程度

受講時間

座学(PM 7:30 より〜 約1時間30分程度)
現地見学(現地集合 約3時間程度) 現地集合

見学会について
京都の庭園を中心に現地解説を行います。

参加費

  • NPO 国際造園研究センター会員及び後援団体関係者他 38,000円
  • 一般参加者 45,000円

申し込み

申込書記入の上、NPO 国際造園研究センター事務局あて
郵送、参加費の納入をもって申し込み完了とする

◎ご案内と申込用紙(PDFダウンロード:※開催日時はウェブサイトの最新情報をご確認ください。)
日程変更版→ R02teien_0914.pdf(7)
R02teien.pdf(43)

参加費の振込先

ゆうちょ銀行 口座記号及び口座番号 00900-6-185111
加入者名 特定非営利活動法人 国際造園研究センター

連絡先

特定非営利活動法人 国際造園研究センター
大阪市中央区大手通1-4-2 Y'S 谷町202号
TEL 06-6944-2040・FAX 06-6948-5282
※上記に連絡がつかない場合はこちらに連絡してください。
事務局担当:繁村 090-1072- 5505 tonami1512@gmail.com

2020年度 庭園文化塾 講義内容

座学

会場

NPO国際造園研究センター事務所

時間

PM 7:30 〜 PM 9:00

講師 テーマ 概要
1 2020
9/4(金)
田中
吉田
開講式
日本庭園の歴史と様式
「ニワ」「庭園」の発祥
池泉庭園と枯山水について
2 9/11(金) 吉田 日本庭園の歴史と様式 露地及び回遊式庭園の発祥とその後の展開
築山泉水庭及び、平庭、坪庭
3 10/2(金) 吉田 日本庭園等の特性と空間構成技法機ゞ間特性 自然と庭園(「作庭記」を踏まえて)
「間」「きめの細やかさ」等の「和」の考え方と庭園
4 10/16(金) 吉田 日本庭園等の特性と空間構成技法供ゞ間構成技法 「見え隠れ」「折れ曲り」等の技法
「天地人」「結界」等の具体的な技法
5 11/6(金) 奥田 文化財庭園の保存と修復 名勝庭園の事例を踏まえて
名勝の意義と具体的な技法について
6 2020
1/22(金)
田中
吉田
石組、石積等について 石材及び石積、石組の具体的な技法について
7 2/5(金) 北田 植栽と樹木管理 配植の技法と剪定技術の基本
8 3/5(金) 田中
吉田
現代の庭園
修了式
昭和から平成に至る現代の庭園と今後

現地見学

講師及びスタッフの具体的な説明を聞きながら庭園の魅力に迫ります

集合

現地 PM 1:00

解散

現地 PM 4:00

担当 テーマ 概要
1 2020
9/19(土)
吉田 各様式の庭園見学 南禅院、金地院、無鄰庵
中世・近世・近代の池泉及び枯山水
2 10/17(土) 吉田 各様式の庭園見学 渉成園、東福寺本坊
近世・現代の回遊式及び枯山水
3 11/21(土) 吉田 詳細デザインについての見学及び植物管理 大河内山荘、天龍寺
4 2021
2/20(土)
田中
吉田
露地の特性と特別名勝にふさわしい
空間構成等についての見学
銀閣寺、叶匠寿庵(京都)、二条城